2018年7月30日月曜日

dockerのゴミ掃除

dockerは手放せないですが、色々ゴミが溜まりがちなので定期的なお掃除が必要です。
よく使うものを列挙しておきたいと思います。

 動いてないコンテナをごっそり削除
$ docker container prune
 動いてないコンテナを削除
$ docker rm コンテナ
利用していないイメージの削除(実際に実行すると割と困ると思うので推奨しません)
$ docker image prune
利用していないイメージの削除(ふつうはこっち)
$ docker rmi イメージ
コンテナ消したのにブリッジネットワークだけ残ってしまった残念な時(buildを途中で止めるとゴミが残る???)
"no available IPv4 addresses on this network's address pools: bridge"とかってエラーが出てしまった時などに・・・・
$ docker network disconnect -f bridge コンテナ

 ローカルのレジストリのゴミ掃除(こんなこと普通はしないと思うけどゴミだらけになって容量的にきつくなったタイミングでたまに実行している・・・・・ダサ)
#当然ながら、pullできねーよってツッコミを受けることになります。

$ rm -rf /hoge/docker/registry/v2


 他にも思い出したら追記します・・・・

2018年7月5日木曜日

Dockerfile に ADD or COPY してしまった分の容量増がどうしても気になるとき

どうもたなじゅんです。

久しぶりの技術ネタでの投稿です。

Dockerfile に、ADD や COPY を書かざるを得ない事情を持たれている方は少なからずいらっしゃると思います。(特に公開URLから素直にダウンロードできないような場合)

ADD や COPY で書かれたファイルの容量は、Docker の仕組み上、その後そのファイルを削除したとしても容量は減りません。(レイヤが増えてしまった後に消してもダメなので)

割り切れるサイズなら良いのですが、ADD/COPY するファイルがギガ単位だったりすると流石に無視するのは難しいのではないかと思います。

そんな時に有効なオプションとして、--squash オプションを付与することで Dockerfile 内に作成されるレイヤを一つに纏める(押しつぶす)ことができます。

例えば、EDB Postgres の場合であれば、


FROM centos:latest

ENV WEBUSERNAME=ほげ(入力してね)

ENV WEBPASSWORD=ぱすわーど(入力してね)
 

COPY edb-as10-server-10.x.x-1-linux-x64.run .

RUN set -x && \
chmod +x edb-as10-server-10.x.x-1-linux-x64.run && \
sync && \
./edb-as10-server-10.x.x-1-linux-x64.run --mode unattended --enable-components server,commandlinetools --disable-components pgadmin4,stackbuilderplus --superaccount enterprisedb --serviceaccount enterprisedb --servicename edb-as-10 --prefix /opt/edb/as10 --datadir /opt/edb/as10/data --xlogdir /opt/edb/as10/data/pg_wal --superpassword enterprisedb --serverport 5444 --locale ja_JP.utf8 --create_samples no --server_utilization 33 --workload_profile oltp --webusername $WEBUSERNAME --webpassword $WEBPASSWORD && \
rm -f edb-as10-server-10.x.x-1-linux-x64.run 


EXPOSE 5444
 
 のような Dockerfile があるときに、docker build するだけだと、edb-as10-server-10.x.x-1-linux-x64.run の分は普通に image の容量としてそのまま残ってしまいます(COPY のレイヤーと、RUN の中でファイルを rm した時のレイヤーが異なるためです)。

このような場合に、squashオプションを使うことで、レイヤーを一つにまとめることが出来、結果として容量を削減することが可能です。

$ docker build --squash=true -t edb .

みたいにオプションを付けるだけ。
ちなみに、docker 起動時に、"--experimental=true" オプションが必要です。
ubuntu であれば、/etc/default/docker の DOCKER_OPTS あたりに追加してください

デメリットとしてはレイヤーを纏めた結果として image の履歴は追うことが出来なくなりますので、ご注意ください。

余談となりますが、Dockerfile 内で sync を掛けているのは、それをしないと実行権限が即座に反映されなかったためです。苦笑
Dockerfile で直前のコマンドが反映されていないような場合によくやります。。。。

※参考
https://qiita.com/RyoMa_0923/items/193d2c18addc240c04b5

2018年7月4日水曜日

ダイソー300円スピーカーのスピーカーユニットと100均すのこを流用してエンクロージャーを自作@試作品

お久しぶりです。

弟子からブログ更新せよと指令を受けたので、またどうでも良いネタ書きます。(仕事ネタ書けよおい)

ダイソーの300円スピーカーのコスパが方々で話題になっており、売り切れ続出との噂・・・・ですが、様々な方たちがエンクロージャー自作に花を咲かせており楽しそう・・・・ということで便乗してみることにしました。

参考にさせていただいたサイト 


スピーカーユニットはフルバンドらしく35㎐~20kHzと書いてあるけど、5㎝のユニットなので全く信用はしないw
が、パッシブラジエーター方式にして低音補強を試みる

パッシブラジエーター????


って人はこの辺読んでください。
バスレフの音は余り得意じゃない(*1)ので、個人的にはパッシブラジエーターかバックロードホーンかって選択肢になるんですが、持ち歩けることを優先するとパッシブラジエーター形式一択となります。(という主観です)

(*1)そもそも、スピーカーユニット小さいんだから、最低共振周波数以下の減衰とか関係ないじゃんって言われるとぐうの音も出ないんですが、ここでは音量だけの話をしているわけではないです・・・・

この企画でやりたいこと(全体編)

  • エンクロージャー交換の効果を知る
  • パッシブラジエーター化して低音を補強
  • 持ち歩けること
  • モバイルバッテリーを内蔵する
  • 木製
  • アンプをPAM8430に交換
  • Bluetooth化

 試作品でやりたいこと(今回の範囲ですね)

  • エンクロージャー交換の効果を知る
  • パッシブラジエーター化して低音を補強
上記2点以外は試作品では諦める(時間を掛けないことを優先事項とするw)し、寸法ずれとかは余り気にしない・・・・・

試作品に必要なもの 

  • 300円スピーカー(アンプは元々付いていたものを流用)
  • 100円すのこ
  • 木工用ボンド (すのこの接着用)
  • 瞬間接着剤かホットガン
  • クランプ(万力)(木工用ボンドで接着時に圧着に利用)
  • パッシブラジエーター用の振動板
  • 穴あけ工具(電動ドリル・ホールソー50mm(スピーカーユニット)、38mm(こちらはパッシブラジエーターの振動板サイズに依存)
  • のこぎり(丸のこ推奨)
  • 糸のこぎり(パッシブラジエーターが円形ならホールソーだけでOK) 
  • ニス・はけ
こんなもんだったはず・・・・・

パッシブラジエーター用の振動板には今回はこちらを使いました。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0757LKKRR/ref=oh_aui_detailpage_o02_s00?ie=UTF8&psc=1

完成

えっ・・・・・作成途中の経過とか無いの?
はい。ありません。書く時間が足らなくなりましたwwwwwww


左が300円スピーカー。右側が作成したもの。す・・・寸法が・・・・


所感

  • エンクロージャーをちゃんと作ったからか音質が改善した
  • 総音量はバスレフ方式からパッシブラジエーター方式に変わったことで多少小さくなった(それでも十分な音量が出ています)
  • 低音は改造前よりも出ているし、パッシブラジエーターも振動はしているけど、思っていたよりもパッシブラジエーターの振動幅は小さい(サブウーファーとかでガシガシ動くイメージとは違う。小さいから仕方ない?)
パッシブラジエーターを背面に枚数足した方が良い・・・・?別の振動板に変える??少し考えます。
いずれにしても音質は確実に改善するのでお勧めですよ。

音量を最大にすると、音質の改善ははっきりと分かります。背面にボリュームのパーツを取り付けるために穴が開いているのですが、そこから音が漏れているのは仕方ないけど少し気になるので改善点かもしれません。

追記(次回予告)


次回は、パッシブラジエーターを3発(裏面のスピーカーユニット裏にそれぞれ1枚ずつ追加)にして試してみたいと思います。

2018年3月22日木曜日

WildFly12 を起動してみたよ。

docker run するだけで試せるのは良い世の中になりました。
起動メッセージには、12.0.0.Final が起動しているよってなってるけど、welcome ページを参照すると「Your WildFly 11 is running.」・・・・ですって。苦笑
バグ?
WildFly 12 で、EE8 したらしいので、少しずつ追いかけてみます。
$ docker pull jboss/wildfly
Using default tag: latest
latest: Pulling from jboss/wildfly
5e35d10a3eba: Pull complete
7a2fa01e4d40: Pull complete
e7494fe8235d: Pull complete
e0f510da7606: Pull complete
c03649af48fc: Pull complete
Digest: sha256:100353f23980bdaf24026760efbfb23b17272410fc851ce3690c27b7a9536eab
Status: Downloaded newer image for jboss/wildfly:latest
$ docker run -p 20080:8080 -it jboss/wildfly /opt/jboss/wildfly/bin/standalone.sh -b 0.0.0.0
=========================================================================
  JBoss Bootstrap Environment
  JBOSS_HOME: /opt/jboss/wildfly
  JAVA: /usr/lib/jvm/java/bin/java
  JAVA_OPTS:  -server -Xms64m -Xmx512m -XX:MetaspaceSize=96M -XX:MaxMetaspaceSize=256m -Djava.net.preferIPv4Stack=true -Djboss.modules.system.pkgs=org.jboss.byteman -Djava.awt.headless=true
=========================================================================
11:20:45,716 INFO  [org.jboss.modules] (main) JBoss Modules version 1.7.0.Final
11:20:45,997 INFO  [org.jboss.msc] (main) JBoss MSC version 1.3.2.Final
11:20:46,007 INFO  [org.jboss.threads] (main) JBoss Threads version 2.3.1.Final
11:20:46,133 INFO  [org.jboss.as] (MSC service thread 1-2) WFLYSRV0049: WildFly Full 12.0.0.Final (WildFly Core 4.0.0.Final) starting
11:20:47,639 INFO  [org.jboss.as.controller.management-deprecated] (Controller Boot Thread) WFLYCTL0028: Attribute 'security-realm' in the resource at address '/core-service=management/management-interface=http-interface' is deprecated, and may be removed in a future version. See the attribute description in the output of the read-resource-description operation to learn more about the deprecation.
11:20:47,670 INFO  [org.wildfly.security] (ServerService Thread Pool -- 19) ELY00001: WildFly Elytron version 1.2.2.Final
11:20:47,704 INFO  [org.jboss.as.controller.management-deprecated] (ServerService Thread Pool -- 29) WFLYCTL0028: Attribute 'security-realm' in the resource at address '/subsystem=undertow/server=default-server/https-listener=https' is deprecated, and may be removed in a future version. See the attribute description in the output of the read-resource-description operation to learn more about the deprecation.
11:20:47,789 INFO  [org.jboss.as.server] (Controller Boot Thread) WFLYSRV0039: Creating http management service using socket-binding (management-http)
11:20:47,805 INFO  [org.xnio] (MSC service thread 1-4) XNIO version 3.6.2.Final
11:20:47,812 INFO  [org.xnio.nio] (MSC service thread 1-4) XNIO NIO Implementation Version 3.6.2.Final
11:20:47,864 INFO  [org.jboss.as.connector.subsystems.datasources] (ServerService Thread Pool -- 36) WFLYJCA0004: Deploying JDBC-compliant driver class org.h2.Driver (version 1.4)
11:20:47,874 INFO  [org.jboss.as.jaxrs] (ServerService Thread Pool -- 43) WFLYRS0016: RESTEasy version 3.5.0.Final
11:20:47,876 INFO  [org.jboss.as.clustering.infinispan] (ServerService Thread Pool -- 42) WFLYCLINF0001: Activating Infinispan subsystem.
11:20:47,896 INFO  [org.jboss.as.jsf] (ServerService Thread Pool -- 48) WFLYJSF0007: Activated the following JSF Implementations: [main]
11:20:47,911 INFO  [org.jboss.remoting] (MSC service thread 1-1) JBoss Remoting version 5.0.5.Final
11:20:47,920 INFO  [org.jboss.as.connector] (MSC service thread 1-8) WFLYJCA0009: Starting JCA Subsystem (WildFly/IronJacamar 1.4.7.Final)
11:20:47,949 WARN  [org.jboss.as.txn] (ServerService Thread Pool -- 58) WFLYTX0013: The node-identifier attribute on the /subsystem=transactions is set to the default value. This is a danger for environments running multiple servers. Please make sure the attribute value is unique.
11:20:47,954 INFO  [org.jboss.as.naming] (ServerService Thread Pool -- 50) WFLYNAM0001: Activating Naming Subsystem
11:20:47,959 INFO  [org.wildfly.extension.io] (ServerService Thread Pool -- 41) WFLYIO001: Worker 'default' has auto-configured to 8 core threads with 64 task threads based on your 4 available processors
11:20:47,957 INFO  [org.jboss.as.security] (ServerService Thread Pool -- 57) WFLYSEC0002: Activating Security Subsystem
11:20:47,977 INFO  [org.jboss.as.security] (MSC service thread 1-2) WFLYSEC0001: Current PicketBox version=5.0.2.Final
11:20:47,994 INFO  [org.jboss.as.webservices] (ServerService Thread Pool -- 60) WFLYWS0002: Activating WebServices Extension
11:20:48,002 INFO  [org.wildfly.extension.undertow] (MSC service thread 1-4) WFLYUT0003: Undertow 2.0.0.Final starting
11:20:48,004 INFO  [org.jboss.as.connector.deployers.jdbc] (MSC service thread 1-4) WFLYJCA0018: Started Driver service with driver-name = h2
11:20:48,066 INFO  [org.jboss.as.naming] (MSC service thread 1-3) WFLYNAM0003: Starting Naming Service
11:20:48,088 INFO  [org.jboss.as.mail.extension] (MSC service thread 1-4) WFLYMAIL0001: Bound mail session [java:jboss/mail/Default]
11:20:48,241 INFO  [org.jboss.as.ejb3] (MSC service thread 1-6) WFLYEJB0481: Strict pool slsb-strict-max-pool is using a max instance size of 64 (per class), which is derived from thread worker pool sizing.
11:20:48,242 INFO  [org.jboss.as.ejb3] (MSC service thread 1-2) WFLYEJB0482: Strict pool mdb-strict-max-pool is using a max instance size of 16 (per class), which is derived from the number of CPUs on this host.
11:20:48,360 INFO  [org.wildfly.extension.undertow] (ServerService Thread Pool -- 59) WFLYUT0014: Creating file handler for path '/opt/jboss/wildfly/welcome-content' with options [directory-listing: 'false', follow-symlink: 'false', case-sensitive: 'true', safe-symlink-paths: '[]']
11:20:48,366 INFO  [org.wildfly.extension.undertow] (MSC service thread 1-2) WFLYUT0012: Started server default-server.
11:20:48,372 INFO  [org.wildfly.extension.undertow] (MSC service thread 1-4) WFLYUT0018: Host default-host starting
11:20:48,552 INFO  [org.wildfly.extension.undertow] (MSC service thread 1-3) WFLYUT0006: Undertow HTTP listener default listening on 0.0.0.0:8080
11:20:48,674 INFO  [org.jboss.as.ejb3] (MSC service thread 1-3) WFLYEJB0493: EJB subsystem suspension complete
11:20:48,837 INFO  [org.jboss.as.patching] (MSC service thread 1-6) WFLYPAT0050: WildFly Full cumulative patch ID is: base, one-off patches include: none
11:20:48,865 INFO  [org.jboss.as.connector.subsystems.datasources] (MSC service thread 1-4) WFLYJCA0001: Bound data source [java:jboss/datasources/ExampleDS]
11:20:48,885 WARN  [org.jboss.as.domain.management.security] (MSC service thread 1-2) WFLYDM0111: Keystore /opt/jboss/wildfly/standalone/configuration/application.keystore not found, it will be auto generated on first use with a self signed certificate for host localhost
11:20:49,124 INFO  [org.jboss.as.server.deployment.scanner] (MSC service thread 1-6) WFLYDS0013: Started FileSystemDeploymentService for directory /opt/jboss/wildfly/standalone/deployments
11:20:49,225 INFO  [org.wildfly.extension.undertow] (MSC service thread 1-6) WFLYUT0006: Undertow HTTPS listener https listening on 0.0.0.0:8443
11:20:49,325 INFO  [org.jboss.ws.common.management] (MSC service thread 1-2) JBWS022052: Starting JBossWS 5.2.0.Final (Apache CXF 3.2.2)
11:20:49,450 INFO  [org.jboss.as.server] (Controller Boot Thread) WFLYSRV0212: Resuming server
11:20:49,455 INFO  [org.jboss.as] (Controller Boot Thread) WFLYSRV0060: Http management interface listening on http://127.0.0.1:9990/management
11:20:49,464 INFO  [org.jboss.as] (Controller Boot Thread) WFLYSRV0051: Admin console listening on http://127.0.0.1:9990
11:20:49,465 INFO  [org.jboss.as] (Controller Boot Thread) WFLYSRV0025: WildFly Full 12.0.0.Final (WildFly Core 4.0.0.Final) started in 4121ms - Started 292 of 513 services (308 services are lazy, passive or on-demand)

2016年8月31日水曜日

Windows10 で bash

ありきたりなネタで恐縮なんですが、やっとメインのノートに Windows 10 Anniversary Update が入りまして Windows Subsystem for Linux(WSL) を使える状態になりましたので、やってみました。

bash が使えるようになるまでのステップはたったの3つです。

インストールする

  • 開発者モードに変える

囲み枠描くのにプルプルしすぎじゃね?wwww とか言わないでね。
・・・・右手が慢性的な腱鞘炎で痛いので、数年前からマウスは左手で持ってるんです。
  • Windows Subsystem for Linux(WSL)を有効化する

  • コマンドプロンプトで「bash」と叩く

以上で、bashが使えるようになりました^^
コマンドプロンプトからでなくても bash が起動できるようになります(インストールしちゃったから確認してませんが、最初からコマンドプロンプト経由しなくてよいのかもしれません)

apt !

Windows Subsystem for Linux(WSL)は中身が ubuntu みたいですね!
・・・てことは?

夢の apt-get ^^

2000年前後に、Debian が少数派だった時代からすると Windows で apt が使えるようになるなんてちょっと感慨深いw


以下、たなじゅん的よくある質問シリーズ

Q) ところで、Cドライブ見えますか?

A) /mnt/c 配下にばっちりあります^^


Q) exe 動きますか?

A) 想像通りではあるんだけど、exe を呼び出したりはできないようですね。(嘘だったらごめんなさい)
junnichi@JUNNICHI-PC:/mnt/c/Program Files/Docker/Docker$ ./Docker\ for\ Windows.exe ps
bash: ./Docker for Windows.exe: cannot execute binary file: 実行形式エラー

Q) 困ることはありますか?

A) 開発者モードにすると勝手に sshd が起動しちゃう・・・・のが個人的にすごく困ります。
リモートからスキャンしてみると、
PORT     STATE SERVICE
22/tcp   open  ssh
と恐ろしいことにポートが空いてしまっているので、ファイアーウォール等で対応しましょう。


Q) よく分かんないけど結局何がおいしいのですか?

A) まだ分かんないのでまた記事起こします^^。
一つ確かなのは、優秀な ssh クライアントになるという点です。
人によっては、teraterm や putty は要らなくなるかもしれません。
サーバー用途として利用するのは、推奨されていませんが、開発時の環境を起こしたりするのは VirtualBox よりパフォーマンス上のメリットがあるかもしれません。
まだ Beta 版なので、ゆっくり見守りますw

2016年8月2日火曜日

ディアウォールでギター掛けを作ってみた

どうもたなじゅんです。
かなり更新をさぼってますね・・・・・相変わらずすいません。

久々の更新は、5月にようやく出た JBoss EAP 7 のことでもなく、最近にわかにアツい Payara ネタでもなく、完全なる日曜大工ネタ・・・・ですw


ある日(先週です)、僕は気づきました。

  • ギタースタンドがとっくに足らなくなっている
  • 足らなくなった本数分のギターがベッドを占拠している
  • ベッド寝るスペース狭い!
ちなみに、ベッド回りは公衆の面前で晒せる様な状態ではございませんので、画像は無しw

で、ギタースタンド買おうかな・・・・と思ったもののこれ以上、床をギタースタンドに占拠されるのはいやですw

少し前からどうしようかなと思っていたのですが、こんな纏めサイトを見つけました。

気になったのがこの動画。


えっ・・・・これ強度大丈夫なの???

ディアウォールについて調べてみたところ大好評
気になる強度も壁掛けテレビ掛けてる人も居らっしゃるようなので?大丈夫だと信じることにしました。てかこの方、手の込み方スゴイ!

・・・・・よしやってみようw

1日目(2016/07/30)

目標

  • ディアウォールによるギター掛けが実用に耐えそうか検証する。

1日目は、検証を兼ねて最低構成で組んでみました。(その割にディアウォール2セット買っているが・・・)
工具は諸事情により自宅にはほとんど手持ちが無い状態なので、そこからです。

買ったもの

  • Amazon
    • ディアウォール2点
    • ギターハンガー3点
  • ホームセンター
    • 2x4材x10F 2点
    • ノコギリ
    • タッピングねじ適当に4種類くらい
    • 端切れ木材4枚
  • 100均w
    • ワイヤーネット2点
    • すのこ2点
    • ツインフック3点
    • ニス4本(瓶が小さかったから)
重っwwwwwww

・・・・頑張って自宅まで徒歩で運びました。

ちなみに、2x4材はこんなの

2x4材の10F(3000mm)
10Fでこの安さ。6Fはもっと安いです。
あらかじめ床から天井までの高さを測っておいて 40mm 差っ引いた長さにホームセンターで切ってもらいます。
40mm が一般的な間引きサイズのようですが、35mm くらいでもいいかもしれない。メーカー推奨は、45mm みたいだけどそれだと緩いんじゃないかな~。

作業開始

ニス塗り

ニスをどこまで塗るか考えること1分→結論:2x4は面倒だから塗らないwww
いきなり手抜きです。

横に這わせるように買った端切れ木材は塗ろうかな・・・・

意外といい色

・・・・・・だめだ1枚で飽きたwwwwwwwwwwwwwww
ちなみにこれは3度塗り。 この時点でニス(写真右下の瓶)はほぼ2本消費。

分かりにくいかもしれないけど下駄の上に載ってる細い端切れ材の左側がニスを試し塗りした方で、右側はそのまま。やっはり結構いい感じに変わります。

2x4本当に塗らないの????
いやいやめんどくさいwwwwwwwwww


次組み立て。

ディアウォール2セット組み立て&ギターハンガー3点取り付け

はい。完成・・・・・っておいwwwww(ディアウォールの取り付け方は最初にシェアした動画を見てねw

ギターハンガー最初から足りねぇw

1日目の印象

やっぱり天井と床に突っ張ってるだけだから意外とがたつくなぁ・・・・という印象。
まぁ、すぐにギターが落ちてくるようにも見えないので全部掛けられるように頑張ってみようw


2016年2月1日月曜日

WildFly 10 !

WildFly 10.0.0.Final がリリースされたのでいつもの起動テスト。

Windows 10 で WildFly 10 を起動します。

8秒・・・・遅いと思ったけど、前のバージョンのログ観てもそんなもんだった。

Calling "C:\usr\local\jboss\wildfly-10.0.0.Final\bin\standalone.conf.bat"
JAVA_HOME is not set. Unexpected results may occur.
Set JAVA_HOME to the directory of your local JDK to avoid this message.
===============================================================================

  JBoss Bootstrap Environment

  JBOSS_HOME: "C:\usr\local\jboss\wildfly-10.0.0.Final"

  JAVA: "java"

  JAVA_OPTS: "-Dprogram.name=standalone.bat -Xms64M -Xmx512M -XX:MetaspaceSize=96M -XX:MaxMetaspaceSize=256m -Djava.net.preferIPv4Stack=true -Djboss.modules.system.pkgs=org.jboss.byteman"

===============================================================================

14:26:53,780 INFO  [org.jboss.modules] (main) JBoss Modules version 1.5.1.Final
14:26:54,499 INFO  [org.jboss.msc] (main) JBoss MSC version 1.2.6.Final
14:26:54,633 INFO  [org.jboss.as] (MSC service thread 1-8) WFLYSRV0049: WildFly Full 10.0.0.Final (WildFly Core 2.0.10.Final) starting
14:26:57,439 INFO  [org.jboss.as.server] (Controller Boot Thread) WFLYSRV0039: Creating http management service using socket-binding (management-http)
14:26:57,471 INFO  [org.xnio] (MSC service thread 1-6) XNIO version 3.3.4.Final
14:26:57,486 INFO  [org.xnio.nio] (MSC service thread 1-6) XNIO NIO Implementation Version 3.3.4.Final
14:26:57,642 WARN  [org.jboss.as.txn] (ServerService Thread Pool -- 54) WFLYTX0013: Node identifier property is set to the default value. Please make sure it is unique.
14:26:57,674 INFO  [org.wildfly.extension.io] (ServerService Thread Pool -- 37) WFLYIO001: Worker 'default' has auto-configured to 8 core threads with 64 task threads based on your 4 available processors
14:26:57,689 INFO  [org.jboss.as.webservices] (ServerService Thread Pool -- 56) WFLYWS0002: Activating WebServices Extension
14:26:57,721 INFO  [org.jboss.as.security] (ServerService Thread Pool -- 53) WFLYSEC0002: Activating Security Subsystem
14:26:57,721 INFO  [org.jboss.as.clustering.infinispan] (ServerService Thread Pool -- 38) WFLYCLINF0001: Activating Infinispan subsystem.
14:26:57,705 INFO  [org.jboss.as.naming] (ServerService Thread Pool -- 46) WFLYNAM0001: Activating Naming Subsystem
14:26:57,799 INFO  [org.jboss.as.security] (MSC service thread 1-3) WFLYSEC0001: Current PicketBox version=4.9.4.Final
14:26:57,814 INFO  [org.wildfly.extension.undertow] (MSC service thread 1-4) WFLYUT0003: Undertow 1.3.15.Final starting
14:26:57,814 INFO  [org.wildfly.extension.undertow] (ServerService Thread Pool -- 55) WFLYUT0003: Undertow 1.3.15.Final starting
14:26:57,877 INFO  [org.jboss.as.connector] (MSC service thread 1-8) WFLYJCA0009: Starting JCA Subsystem (WildFly/IronJacamar 1.3.2.Final)
14:26:57,846 INFO  [org.jboss.as.jsf] (ServerService Thread Pool -- 44) WFLYJSF0007: Activated the following JSF Implementations: [main]
14:26:58,080 INFO  [org.jboss.remoting] (MSC service thread 1-6) JBoss Remoting version 4.0.18.Final
14:26:58,205 INFO  [org.jboss.as.connector.subsystems.datasources] (ServerService Thread Pool -- 33) WFLYJCA0004: Deploying JDBC-compliant driver class org.h2.Driver (version 1.3)
14:26:58,221 INFO  [org.jboss.as.connector.deployers.jdbc] (MSC service thread 1-1) WFLYJCA0018: Started Driver service with driver-name = h2
14:26:58,267 INFO  [org.jboss.as.mail.extension] (MSC service thread 1-6) WFLYMAIL0001: Bound mail session [java:jboss/mail/Default]
14:26:58,267 INFO  [org.jboss.as.naming] (MSC service thread 1-3) WFLYNAM0003: Starting Naming Service
14:26:58,564 INFO  [org.wildfly.extension.undertow] (ServerService Thread Pool -- 55) WFLYUT0014: Creating file handler for path 'C:\usr\local\jboss\wildfly-10.0.0.Final/welcome-content' with options [directory-listing: 'false', follow-symlink: 'false', case-sensitive: 'true', safe-symlink-paths: '[]']
14:26:58,721 INFO  [org.wildfly.extension.undertow] (MSC service thread 1-2) WFLYUT0012: Started server default-server.
14:26:58,846 INFO  [org.wildfly.extension.undertow] (MSC service thread 1-4) WFLYUT0018: Host default-host starting
14:26:58,908 INFO  [org.jboss.as.ejb3] (MSC service thread 1-1) WFLYEJB0481: Strict pool slsb-strict-max-pool is using a max instance size of 64 (per class), which is derived from thread worker pool sizing.
14:26:58,908 INFO  [org.jboss.as.ejb3] (MSC service thread 1-3) WFLYEJB0482: Strict pool mdb-strict-max-pool is using a max instance size of 16 (per class), which is derived from the number of CPUs on this host.
14:26:59,033 INFO  [org.wildfly.extension.undertow] (MSC service thread 1-8) WFLYUT0006: Undertow HTTP listener default listening on 127.0.0.1:8080
14:26:59,471 INFO  [org.jboss.as.connector.subsystems.datasources] (MSC service thread 1-4) WFLYJCA0001: Bound data source [java:jboss/datasources/ExampleDS]
14:26:59,502 INFO  [org.jboss.as.server.deployment.scanner] (MSC service thread 1-7) WFLYDS0013: Started FileSystemDeploymentService for directory C:\usr\local\jboss\wildfly-10.0.0.Final\standalone\deployments
14:26:59,971 INFO  [org.infinispan.factories.GlobalComponentRegistry] (MSC service thread 1-5) ISPN000128: Infinispan version: Infinispan 'Mahou' 8.1.0.Final
14:26:59,971 INFO  [org.infinispan.factories.GlobalComponentRegistry] (MSC service thread 1-4) ISPN000128: Infinispan version: Infinispan 'Mahou' 8.1.0.Final
14:26:59,971 INFO  [org.infinispan.factories.GlobalComponentRegistry] (MSC service thread 1-6) ISPN000128: Infinispan version: Infinispan 'Mahou' 8.1.0.Final
14:26:59,986 INFO  [org.infinispan.factories.GlobalComponentRegistry] (MSC service thread 1-7) ISPN000128: Infinispan version: Infinispan 'Mahou' 8.1.0.Final
14:27:00,434 INFO  [org.jboss.ws.common.management] (MSC service thread 1-3) JBWS022052: Starting JBossWS 5.1.3.Final (Apache CXF 3.1.4)
14:27:01,055 INFO  [org.jboss.as] (Controller Boot Thread) WFLYSRV0060: Http management interface listening on http://127.0.0.1:9990/management
14:27:01,055 INFO  [org.jboss.as] (Controller Boot Thread) WFLYSRV0051: Admin console listening on http://127.0.0.1:9990
14:27:01,055 INFO  [org.jboss.as] (Controller Boot Thread) WFLYSRV0025: WildFly Full 10.0.0.Final (WildFly Core 2.0.10.Final) started in 8041ms - Started 267 of 553 services (371 services are lazy, passive or on-demand)

2015年11月30日月曜日

会社のIP電話

こんにちわ。たなじゅんです。

当社では長らく、光電話+Asterisk + SANYO の SIP Phone にて、社内の電話を構築しています。
割と移転を繰り返してきたので、移転するたびに光ルーターが変わってしまい何かしらトラブルが発生します。苦笑

少し前のネタになりますが、今回の9月の移転では、以下症状でした。

  • 5分で電話が切れる

なんでやねん!って突っ込みを入れつつ2つの対応を入れたら収まった模様。

  • KVMゲスト上に乗っていた trixbox を廃止
  • Raspberry pi 2 の Raspbian に生の Asterisk を導入して、trixbox から config を移植

最近は、trixbox も良く分かんないことになっていたので、そもそも運用中に GUI が必要なことなんてほとんど無かったので、Asterisk 単体運用になってシンプルになったし安定したし逆行している気もするけどまぁ良かった。

SIP は NAT 越えが大変なイメージがあるけど、クラウド上に Asterisk おいても普通に運用できるんだろうか。
でも、光ルーターに Asterisk から SIP 接続しなくてはならない訳で、結構大変・・・・。
光電話使わない運用にすればいいか。

千歳の拠点とも内線できるようにしなきゃな・・・・。

2015年11月27日金曜日

Windows 10 TH2 で、7/8.1 のプロダクトキーを使って認証する。

最近 Windows 10 ネタしか書いてないじゃないかとそろそろ言われるって知ってますw

さて、TH2 なるリリースが正式にされたようで、Windows 7/8.1 のプロダクトキーで Windows 10 のライセンス認証を直接できるようになりました。

◇TH1(ビルド10240だったかな?)のライセンス認証されていない状態(インストール時にプロダクトキー入力をスキップしたもの)
まだ認証されていませんね。


◇TH2(ビルド10586)に Windows Update したもの。



◇Windows 7 Pro のプロダクトキーを入れてみる。


◇認証できたみたい^^




2015年10月14日水曜日

Windows 10 の微笑ましいメッセージ


不覚なことに笑ってしまったw

2015年8月6日木曜日

Windows 10 が来た

アップデート悩むけど、銀行サイトがまだ対応していないというジレンマ。


2015年5月8日金曜日

Windows 10 on Raspberry pi 2

昨日ようやく Raspberry pi 2 向け Windows 10 のプレビュー版が利用できるようになったことに気付いたので早速やってみた。(新人研修の合間に)

こちらによると、 別に Windows 10 が入っている母艦機が必要らしく(まじで?)、まずはそっち から。
この時点で、会社に DVD-R の在庫が無くてコンビニに走る始末。萎えるわ。

母艦機にするために仕方なくインストールした Windows10 だけど、Windows 8.1 に比べるとかなりすっきり使いやすくなっている印象。これは今までの Windows の中では一番使いやすいと思われる。まだちょこちょこ不具合っぽいの残ってるみたいだけど。

こんな感じ↓


で、SDカードを pi 2 に刺しなおして本題の pi 2 の Windows 10。



なんというか、わかってはいたけど、
  • もっさり
  • 刺さりまくる
  • 勝手に再起動
という三重苦でした。
リリースまでに良くなることを期待。

今の時点では弄り倒す気持ちは起きなかったのでおとなしく Raspberian に戻そうか・・・・。

2015年4月24日金曜日

Ubuntu Server に、JDK 8 を apt だけで入れる

Ubuntu Server 14.04LTS には、OpenJDK 8 が無かった・・・・ので、Sun JDK 8 でも入れてみる。
そもそも Ubuntu Server に、add-apt-repository が入っていないのは、品質担保のため?

  • インストール
# apt-get install software-properties-common
# add-apt-repository ppa:webupd8team/java
# apt-get -y -q update
# echo oracle-java8-installer shared/accepted-oracle-license-v1-1 select true | /usr/bin/debconf-set-selections
# apt-get -y -q install oracle-java8-installer
# update-java-alternatives -s java-8-oracle
  • 動作確認
# java -version
java version "1.8.0_45"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_45-b14)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.45-b02, mixed mode)
 元ネタはこの辺です。
http://askubuntu.com/questions/464755/how-to-install-openjdk-8-on-14-04-lts
http://www.webupd8.org/2012/09/install-oracle-java-8-in-ubuntu-via-ppa.html

2015年3月2日月曜日

WildFly 8.2.0.Final on Raspberry pi 2

Raspberry pi 2 がリリースされ、RAM が 1GB になった。
普通に Java の AP サーバーが動いちゃうじゃないか。

・・・・・ということで、ポチっとしちゃいました。





確かにちっちゃい。今更だけどw




で、やらずには居られないいつもの結果です。

pi@raspberrypi /usr/local/jboss/wildfly-8.2.0.Final/bin $ ./standalone.sh -b 192.168.1.186
=========================================================================

  JBoss Bootstrap Environment

  JBOSS_HOME: /usr/local/jboss/wildfly-8.2.0.Final

  JAVA: java

  JAVA_OPTS:  -server -Xms64m -Xmx512m -XX:MaxPermSize=256m -Djava.net.preferIPv4Stack=true -Djboss.modules.system.pkgs=org.jboss.byteman -Djava.awt.headless=true

=========================================================================

Java HotSpot(TM) Server VM warning: ignoring option MaxPermSize=256m; support was removed in 8.0
11:25:13,595 INFO  [org.jboss.modules] (main) JBoss Modules version 1.3.3.Final
11:25:16,599 INFO  [org.jboss.msc] (main) JBoss MSC version 1.2.2.Final
11:25:17,395 INFO  [org.jboss.as] (MSC service thread 1-5) JBAS015899: WildFly 8.2.0.Final "Tweek" starting
11:25:26,121 INFO  [org.jboss.as.server] (Controller Boot Thread) JBAS015888: Creating http management service using socket-binding (management-http)
11:25:26,292 INFO  [org.xnio] (MSC service thread 1-3) XNIO version 3.3.0.Final
11:25:26,710 INFO  [org.xnio.nio] (MSC service thread 1-3) XNIO NIO Implementation Version 3.3.0.Final
11:25:26,968 WARN  [org.jboss.as.txn] (ServerService Thread Pool -- 46) JBAS010153: Node identifier property is set to the default value. Please make sure it is unique.
11:25:27,013 INFO  [org.jboss.as.security] (ServerService Thread Pool -- 45) JBAS013171: Activating Security Subsystem
11:25:27,025 INFO  [org.jboss.as.clustering.infinispan] (ServerService Thread Pool -- 32) JBAS010280: Activating Infinispan subsystem.
11:25:27,087 INFO  [org.jboss.as.naming] (ServerService Thread Pool -- 40) JBAS011800: Activating Naming Subsystem
11:25:27,161 INFO  [org.jboss.as.webservices] (ServerService Thread Pool -- 48) JBAS015537: Activating WebServices Extension
11:25:27,208 INFO  [org.jboss.as.security] (MSC service thread 1-5) JBAS013170: Current PicketBox version=4.0.21.Final
11:25:27,212 INFO  [org.wildfly.extension.io] (ServerService Thread Pool -- 31) WFLYIO001: Worker 'default' has auto-configured to 8 core threads with 64 task threads based on your 4 available processors
11:25:27,261 INFO  [org.jboss.as.jsf] (ServerService Thread Pool -- 38) JBAS012615: Activated the following JSF Implementations: [main]
11:25:27,531 INFO  [org.jboss.as.connector.logging] (MSC service thread 1-7) JBAS010408: Starting JCA Subsystem (IronJacamar 1.1.9.Final)
11:25:27,608 INFO  [org.wildfly.extension.undertow] (MSC service thread 1-1) JBAS017502: Undertow 1.1.0.Final starting
11:25:27,620 INFO  [org.wildfly.extension.undertow] (ServerService Thread Pool -- 47) JBAS017502: Undertow 1.1.0.Final starting
11:25:27,777 INFO  [org.jboss.as.connector.subsystems.datasources] (ServerService Thread Pool -- 27) JBAS010403: Deploying JDBC-compliant driver class org.h2.Driver (version 1.3)
11:25:27,823 INFO  [org.jboss.as.connector.deployers.jdbc] (MSC service thread 1-7) JBAS010417: Started Driver service with driver-name = h2
11:25:27,951 INFO  [org.jboss.as.naming] (MSC service thread 1-5) JBAS011802: Starting Naming Service
11:25:27,996 INFO  [org.jboss.as.mail.extension] (MSC service thread 1-8) JBAS015400: Bound mail session [java:jboss/mail/Default]
11:25:28,217 INFO  [org.jboss.remoting] (MSC service thread 1-3) JBoss Remoting version 4.0.6.Final
11:25:29,174 INFO  [org.wildfly.extension.undertow] (ServerService Thread Pool -- 47) JBAS017527: Creating file handler for path /usr/local/jboss/wildfly-8.2.0.Final/welcome-content
11:25:29,269 INFO  [org.wildfly.extension.undertow] (MSC service thread 1-8) JBAS017525: Started server default-server.
11:25:29,435 INFO  [org.wildfly.extension.undertow] (MSC service thread 1-7) JBAS017531: Host default-host starting
11:25:38,190 INFO  [org.wildfly.extension.undertow] (MSC service thread 1-8) JBAS017519: Undertow HTTP listener default listening on /192.168.1.186:8080
11:25:39,958 INFO  [org.jboss.as.server.deployment.scanner] (MSC service thread 1-2) JBAS015012: Started FileSystemDeploymentService for directory /usr/local/jboss/wildfly-8.2.0.Final/standalone/deployments
11:25:40,699 INFO  [org.jboss.as.connector.subsystems.datasources] (MSC service thread 1-3) JBAS010400: Bound data source [java:jboss/datasources/ExampleDS]
11:25:42,458 INFO  [org.jboss.ws.common.management] (MSC service thread 1-6) JBWS022052: Starting JBoss Web Services - Stack CXF Server 4.3.2.Final
11:25:43,037 INFO  [org.jboss.as] (Controller Boot Thread) JBAS015961: Http management interface listening on http://127.0.0.1:9990/management
11:25:43,041 INFO  [org.jboss.as] (Controller Boot Thread) JBAS015951: Admin console listening on http://127.0.0.1:9990
11:25:43,044 INFO  [org.jboss.as] (Controller Boot Thread) JBAS015874: WildFly 8.2.0.Final "Tweek" started in 33060ms - Started 184 of 234 services (82 services are lazy, passive or on-demand)
30秒か~なんとか使えなくもないかな?

2014年7月5日土曜日

ORA-28002 が出たら

Oracle パスワードに期限が付いたのを知りませんでした。
java.sql.SQLWarning: ORA-28002: the password will expire within 6 days
 とか出たら、面倒なのでとりあえずこれ叩いておきます。
alter profile default limit password_life_time unlimited;
alter user 接続ゆーざー identified by ぱすわーど;
# Oracle ネタはもう書かないと思います。

2014年6月8日日曜日

JBoss EAP 6.2 -> 6.2.x へのバージョンアップ

知らないうちに、patch を当てる形式になってたんですね。6.2 からかな?(*1)

https://access.redhat.com/site/documentation//en-US/JBoss_Enterprise_Application_Platform/6.2/html/Installation_Guide/Installing_Patches_in_Zip_Form_Using_the_patch_Command.html

成功するとこんな感じ(パッチファイルのパス削ってるので読み替えてね)



 JBoss を再起動すると・・・・


6.2.3.GA に代わります。


(*1) 中の人から下記情報を戴きました^^。やっぱり 6.2 かららしいです。
https://access.redhat.com/site/ja/articles/643163

2014年2月14日金曜日

OpenShift に WildFly が登場してた。

いつの間に。
CR1のカードリッジなのか。少しまつと、1.0.0.Final のに変わるかな?


2014年2月12日水曜日

ようやく出たね WildFly 8.0.0.Final

先ほどリリースされたのを確認できたので、とりあえず起動まで。
EE7 が普及してほしいので、早くEAPが出るといいなー。


2013年12月25日水曜日

WildFly 8.0.0.CR1

ようやく出てたのでとりあえずいつものブート。
久しぶりに、ZIP 版が生きてましたw



Final は1月末みたいですね。
https://issues.jboss.org/browse/WFLY?selectedTab=com.atlassian.jira.plugin.system.project%3Aroadmap-panel&_sscc=t


2013年11月13日水曜日

RESTEasy の Bean Validation

そんなの API で受けてから手動でやりなさいよ!と言われるかもしれないけどできることなら冗長なコードは排除したい。

そんなあなたに ExceptionMapper を使う方法を。

使い方が変わったようなので新旧書いときます。(大体同じようなことはしてますが全く同じではないので注意)

※RESTEasy 2.3 の方は EJB との組み合わせに問題がある・・・・ので、できれば RESTEasy 3 の方がおすすめです。

□WildFly 8.0.0.Beta1 & RESTEasy 3.0.4.Final
@Provider
public class ValidationExceptionHandler implements
        ExceptionMapper<ResteasyViolationException> {

    @Override
    @Produces(MediaType.APPLICATION_JSON)
    public Response toResponse(ResteasyViolationException exception) {

        ValidateMessage errors = new ValidateMessage();

        for (ResteasyConstraintViolation violation : exception.getViolations()) {
            errors.getMessages().add(
                    new Message(String.format("%s:%s:%s:%s", violation
                            .getPath(), violation.getConstraintType().name(),
                            violation.getValue(), violation.getMessage())));
        }

        return Response.status(Status.BAD_REQUEST).entity(errors).build();
    }
}
□JBoss AS 7.1.x & RESTEasy 2.3.x
@Provider
public class ValidationExceptionHandler implements
        ExceptionMapper<MethodConstraintViolationException> {

    @Override
    @Produces({ MediaType.APPLICATION_JSON })
    public Response toResponse(MethodConstraintViolationException ex) {
        ValidateMessage errors = new ValidateMessage();

        for (MethodConstraintViolation<?> violation : ex
                .getConstraintViolations()) {
            errors.getMessages().add(
                    new Message(String.format("%s:%s:%s:%s", violation
                            .getMethod().getName(), violation
                            .getParameterName(), violation.getInvalidValue(),
                            violation.getMessage())));
        }

        return Response.status(Status.BAD_REQUEST).entity(errors).build();
    }
}

□JSON 出力のためのドメインクラス
@XmlRootElement(name = "validate_message")
public class ValidateMessage implements Serializable {
    private static final long serialVersionUID = 1L;

    private List<Message> messages = new ArrayList<Message>();

    public static class Message {

        private String message;

        public Message() {
        }

        public Message(String message) {
            this.message = message;
        }

        public String getMessage() {
            return message;
        }

        public void setMessage(String message) {
            this.message = message;
        }

    }

    @XmlElementWrapper(name = "messages")
    @XmlElement(name = "message")
    public List<Message> getMessages() {
        return messages;
    }

    public void setMessages(List<Message> messages) {
        this.messages = messages;
    }
}

□pom.xml(RESTEasy 3.0.4.Final)
        <dependency>
            <groupId>org.jboss.resteasy</groupId>
            <artifactId>resteasy-validator-provider-11</artifactId>
            <version>3.0.4.Final</version>
            <scope>provided</scope>
        </dependency>
 □pom.xml(RESTEasy 2.3.x)
        <dependency>
            <groupId>org.jboss.resteasy</groupId>
            <artifactId>resteasy-hibernatevalidator-provider</artifactId>
            <version>2.3.7.Final</version>
        </dependency>